ハイウェイ ナビのページを説明

SponsoredLink

もし、何かありましたら、以下よりお調べ下さい。

Google

ハイウェイ ナビにようこそ!

ハイウェイ ナビでは、お得で便利な情報を厳選してお知らせいたします♪


■当サイトのカテゴリ
高速道路/ ハイウェイ/

ハイウェイ ナビでは、耳寄りで便利な情報をお知らせいたします♪


■当サイトの目次

高速道路

SA/PAは道路の一部として道路管理者により開設され、まず道路管理者が駐車場やトイレなどを設置する。 そのうえで各休憩所、給油所及び自動車修理所(これらは道路サービス施設と総称される)を運営する事業者が、個々の


公団民営化

公団民営化にともなう権利関係の変動 公団民営化に際し、J-SaPaやHELLO SQUAREなどの財団法人が所有する休憩施設等の資産は敷地と一体で各道路会社が承継し、機構は所有しないものとされた。 従来の事業者である


サービスエリア

日本の 休憩、食事、自動車の給油・整備点検のための施設として設置される。一般に、駐車場、便所、無料休憩所、緑地や遊具施設のほか


ハイウェイオアシス

一般的なPAでは50kmおきに設置されるサービスエリア (SA) より小規模な施設が備えられ、駐車場・トイレのほか、売店や軽食コー


ハイウェイオアシス

ハイウェイオアシス ハイウェイオアシスという呼称は、旧建設省の事業名に由来する。高速自動車国道のSA・PAに、都市公園内の駐車場を袋小路的に連結し(連結費

インターチェンジ

インターチェンジインターチェンジには料金所や検札所が設けられることが多いですね。料金所の種類としては、有人によるもの(係員が発券、料金の徴収などを行うもの)、ETC設備によるもの、なんらかの機器により自動で発券・料金徴収を行うものがあります。また、高速バスのためのバス停が併設されることもあります。最近では、用地の有効活用をしてコンビニエンスストア等の店舗を誘致している。出入り口を増やす社会実験とし…

インターチェンジの(ナビ)について

阪神高速道路

阪神高速道路2008年度以降の通行料金阪神高速はETC利用時限定で2008年度を目途に距離別料金制への移行を目指している。これは現在の均一料金制では料金に極端な不公平が発生する場合があり、より公平な料金制を利用者に求められているからである。 * 以下は同じ料金(700円)で走行距離が極端に違う例である。 o 池田〜豊中南(約5km) o 池田〜助松(約43km) * 以下は同程度の距離(約43km)で料金が…

阪神高速道路の(ナビ)について

高速自動車国道

高速自動車国道高速自動車国道(こうそくじどうしゃこくどう)は、「自動車の高速交通の用に供する道路で、全国的な自動車交通網の枢要部分を構成し、かつ、政治・経済・文化上特に重要な地域を連絡するものその他国の利害に特に重大な関係を有する」(高速自動車国道法第4条)国道のことである。自動車専用道路と共に高速道路として扱われている。高規格幹線道路のA路線とも言われる。2007年現在供用中の高速自動車国道は、ほと…

高速自動車国道の(ナビ)について

高速道路催眠現象

ハイウェイでの危険性高速道路催眠現象高速道路に敷かれている白線には、通常の道路の白線とは異なって特殊であり、白線上を走行すると音が鳴ったり、軽い振動が起こったりと眠気防止の対策が施されている。だが、これだけでは車同士の追突事故は防ぎきれない。また、直線で建設可能な地形であっても、単調になることを避けるためにあえてカーブ構造にする場合もある。日本で最初に開通した名神高速道路では平地部が多いこともあ…

高速道路催眠現象の(ナビ)について

ハイウェイオアシス

ハイウェイオアシスハイウェイオアシスという呼称は、旧建設省の事業名に由来する。高速自動車国道のSA・PAに、都市公園内の駐車場を袋小路的に連結し(連結費用は折半)、地域活性化とサービス向上を図ったものである。ただし、まだ外部からの人や車の公園利用はできなかった。この事業の一応の効果をみて、SA・PAを活用した地域拠点整備事業が制度化された。高速道路全般に対象をひろげ、また地域振興事業・施設の連結も可能と…

ハイウェイオアシスの(ナビ)について

ハイウェイオアシス

一般的なPAでは50kmおきに設置されるサービスエリア (SA) より小規模な施設が備えられ、駐車場・トイレのほか、売店や軽食コーナー・緑地などが設けられる。ただし、交通量の多い区間を中心にレストランや給油所、案内所などSA並みの施設が整備されているPAもある。逆に、地方の閑散区間では駐車場・トイレのみといったエリアもある。道路公団民営化後はトイレのみのエリアにはそれまで設置できなかった自動販売機やファストフー…

ハイウェイオアシスの(ナビ)について

サービスエリア

日本の休憩、食事、自動車の給油・整備点検のための施設として設置される。一般に、駐車場、便所、無料休憩所、緑地や遊具施設のほか、レストラン、売店、情報コーナー、給油所・修理所(ガソリンスタンド)などが設けられるのが普通である。もっとも、各SAごとにその施設態様は様々で、入浴施設や宿泊施設があるところもある。また、近年は食堂にマクドナルドなどチェーン店を導入したり、売店にコンビニエンスストアを導入する…

サービスエリアの(ナビ)について

公団民営化

公団民営化にともなう権利関係の変動公団民営化に際し、J-SaPaやHELLO SQUAREなどの財団法人が所有する休憩施設等の資産は敷地と一体で各道路会社が承継し、機構は所有しないものとされた。従来の事業者である各財団法人は、事業と資産を道路会社に譲渡し、解散することになった。このスキームに沿って、当該道路サービス施設の敷地は道路区域からはずされ、土地建物一体で道路会社に帰属することとなった。これは、道路法の縛り…

公団民営化の(ナビ)について

高速道路

SA/PAは道路の一部として道路管理者により開設され、まず道路管理者が駐車場やトイレなどを設置する。そのうえで各休憩所、給油所及び自動車修理所(これらは道路サービス施設と総称される)を運営する事業者が、個々の判断により、占用料または連結料を負担して設置・運営する。したがって、駐車場やトイレなどは道路管理者が直接管理し、事業者はSAそのものではなく個々の道路サービス施設を運営しているというのが正しい。ト…

高速道路の(ナビ)について

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。