ハイウェイオアシス

ハイウェイオアシスのページを説明

SponsoredLink

もし、何かありましたら、以下よりお調べ下さい。

Google

ハイウェイ ナビにようこそ!

ハイウェイ ナビでは、お得で便利な情報を厳選してお知らせいたします♪


■当サイトのカテゴリ
高速道路/ ハイウェイ/

ハイウェイ ナビでは、耳寄りで便利な情報をお知らせいたします♪


■当サイトの目次

高速道路

SA/PAは道路の一部として道路管理者により開設され、まず道路管理者が駐車場やトイレなどを設置する。 そのうえで各休憩所、給油所及び自動車修理所(これらは道路サービス施設と総称される)を運営する事業者が、個々の


公団民営化

公団民営化にともなう権利関係の変動 公団民営化に際し、J-SaPaやHELLO SQUAREなどの財団法人が所有する休憩施設等の資産は敷地と一体で各道路会社が承継し、機構は所有しないものとされた。 従来の事業者である


サービスエリア

日本の 休憩、食事、自動車の給油・整備点検のための施設として設置される。一般に、駐車場、便所、無料休憩所、緑地や遊具施設のほか


ハイウェイオアシス

一般的なPAでは50kmおきに設置されるサービスエリア (SA) より小規模な施設が備えられ、駐車場・トイレのほか、売店や軽食コー


ハイウェイオアシス

ハイウェイオアシス ハイウェイオアシスという呼称は、旧建設省の事業名に由来する。高速自動車国道のSA・PAに、都市公園内の駐車場を袋小路的に連結し(連結費

ハイウェイオアシス

ハイウェイオアシス

ハイウェイオアシスという呼称は、旧建設省の事業名に由来する。高速自動車国道のSA・PAに、都市公園内の駐車場を袋小路的に連結し(連結費用は折半)、地域活性化とサービス向上を図ったものである。ただし、まだ外部からの人や車の公園利用はできなかった。

この事業の一応の効果をみて、SA・PAを活用した地域拠点整備事業が制度化された。高速道路全般に対象をひろげ、また地域振興事業・施設の連結も可能となった。

決定的な違いは、高速道路管理上支障がないと判断される場合には、外部からの人の利用がみとめられた点である。


この制度はハイウェイオアシスの趣旨の枠を超えて、一般道路の道の駅との一体整備などにも活用された。

1998年、高速自動車国道法が改正され、高速自動車国道活用施設については、整備計画と無関係に、かつ連結料を徴収して連結できるようになった。


また、活用施設の利用が専らの目的である限り、連絡路が二次機能的に一般道路等へ連結する場合も想定しており(開放型とよばれる)、実際に秋田自動車道の西仙北SAからの連絡路上には西仙北ICが設置されている。


このICが夜間閉鎖されるのは、活用施設利用のための設置という建前からである。こうした試みは、のちのスマートインターチェンジ構想につながった。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

SponsoredLink

ハイウェイ ナビのハイウェイオアシスのリンクについて

ハイウェイ ナビのハイウェイオアシスのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。宜しければ以下のタグをご使用下さい。
<<[前] ハイウェイオアシス
>>[次]高速道路催眠現象
ハイウェイ ナビのTOPへ
"ハイウェイオアシス"のTOPへジャンプ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。