高速道路催眠現象

高速道路催眠現象のページを説明

SponsoredLink

もし、何かありましたら、以下よりお調べ下さい。

Google

ハイウェイ ナビにようこそ!

ハイウェイ ナビでは、お得で便利な情報を厳選してお知らせいたします♪


■当サイトのカテゴリ
高速道路/ ハイウェイ/

ハイウェイ ナビでは、耳寄りで便利な情報をお知らせいたします♪


■当サイトの目次

高速道路

SA/PAは道路の一部として道路管理者により開設され、まず道路管理者が駐車場やトイレなどを設置する。 そのうえで各休憩所、給油所及び自動車修理所(これらは道路サービス施設と総称される)を運営する事業者が、個々の


公団民営化

公団民営化にともなう権利関係の変動 公団民営化に際し、J-SaPaやHELLO SQUAREなどの財団法人が所有する休憩施設等の資産は敷地と一体で各道路会社が承継し、機構は所有しないものとされた。 従来の事業者である


サービスエリア

日本の 休憩、食事、自動車の給油・整備点検のための施設として設置される。一般に、駐車場、便所、無料休憩所、緑地や遊具施設のほか


ハイウェイオアシス

一般的なPAでは50kmおきに設置されるサービスエリア (SA) より小規模な施設が備えられ、駐車場・トイレのほか、売店や軽食コー


ハイウェイオアシス

ハイウェイオアシス ハイウェイオアシスという呼称は、旧建設省の事業名に由来する。高速自動車国道のSA・PAに、都市公園内の駐車場を袋小路的に連結し(連結費

高速道路催眠現象

ハイウェイでの危険性

高速道路催眠現象

高速道路に敷かれている白線には、通常の道路の白線とは異なって特殊であり、白線上を走行すると音が鳴ったり、軽い振動が起こったりと眠気防止の対策が施されている。だが、これだけでは車同士の追突事故は防ぎきれない。

また、直線で建設可能な地形であっても、単調になることを避けるためにあえてカーブ構造にする場合もある。日本で最初に開通した名神高速道路では平地部が多いこともあり、単調な長い直線部分が多く、この催眠現象を誘発しやすいとの検証で、その後の東名高速道路や中央自動車道での路線策定の参考にされ、クロソイド曲線を多用する設計の指針ともなった。

一番の対策としては、やはり自己の心身を万全にしておくことが大事である。高速道路に走行する前は体を十分に休めておく、疲れや不安を少しでも感じたならば早めにサービスエリアやパーキングエリア等に入り、休憩や気分転換を図る、ガムを噛んだりコーヒーを飲む、また同乗者がいるならば会話をするなど、様々な方法が挙げられる。


高速道路の構造上、カーブの少なさや信号機が無く単調であり、また走行中は同じ風景が続くために、運転意識の低下を招き、居眠り運転の原因となったり、目を開いていても判断力や注意力が鈍ってしまう。この様な状態のまま運転を継続すると、追突事故などに繋がり非常に危険である。

アメリカにおいて、高速道路網が発達していった時代、天気がよく、見通しのいい高速道路で自殺同然の事故が多発したことで、調査・研究が行なわれ、この現象が見出された出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

SponsoredLink

ハイウェイ ナビの高速道路催眠現象のリンクについて

ハイウェイ ナビの高速道路催眠現象のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。宜しければ以下のタグをご使用下さい。
<<[前]ハイウェイオアシス
>>[次]高速自動車国道
ハイウェイ ナビのTOPへ
"高速道路催眠現象"のTOPへジャンプ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。