高速自動車国道

高速自動車国道のページを説明

SponsoredLink

もし、何かありましたら、以下よりお調べ下さい。

Google

ハイウェイ ナビにようこそ!

ハイウェイ ナビでは、お得で便利な情報を厳選してお知らせいたします♪


■当サイトのカテゴリ
高速道路/ ハイウェイ/

ハイウェイ ナビでは、耳寄りで便利な情報をお知らせいたします♪


■当サイトの目次

高速道路

SA/PAは道路の一部として道路管理者により開設され、まず道路管理者が駐車場やトイレなどを設置する。 そのうえで各休憩所、給油所及び自動車修理所(これらは道路サービス施設と総称される)を運営する事業者が、個々の


公団民営化

公団民営化にともなう権利関係の変動 公団民営化に際し、J-SaPaやHELLO SQUAREなどの財団法人が所有する休憩施設等の資産は敷地と一体で各道路会社が承継し、機構は所有しないものとされた。 従来の事業者である


サービスエリア

日本の 休憩、食事、自動車の給油・整備点検のための施設として設置される。一般に、駐車場、便所、無料休憩所、緑地や遊具施設のほか


ハイウェイオアシス

一般的なPAでは50kmおきに設置されるサービスエリア (SA) より小規模な施設が備えられ、駐車場・トイレのほか、売店や軽食コー


ハイウェイオアシス

ハイウェイオアシス ハイウェイオアシスという呼称は、旧建設省の事業名に由来する。高速自動車国道のSA・PAに、都市公園内の駐車場を袋小路的に連結し(連結費

高速自動車国道

高速自動車国道

高速自動車国道(こうそくじどうしゃこくどう)は、「自動車の高速交通の用に供する道路で、全国的な自動車交通網の枢要部分を構成し、かつ、政治・経済・文化上特に重要な地域を連絡するものその他国の利害に特に重大な関係を有する」(高速自動車国道法第4条)国道のことである。自動車専用道路と共に高速道路として扱われている。高規格幹線道路のA路線とも言われる。

2007年現在供用中の高速自動車国道は、ほとんどが有料道路として供用開始されており、かつ無料開放された例はまだない(新直轄区間、一般国道へ降格された区間をのぞく)。

高速自動車国道には沿道に商店などを建てることができず、また、路肩に自動車を停めることができないことから、休憩施設として概ね50kmおきにサービスエリア(SA)、15kmおきにパーキングエリア(PA)が設けられる。


公団民営化による新規着工鈍化が必至ななか、地方負担のあらたな形の手法が模索され、2003年12月25日に開催された第1回国土開発幹線自動車道建設会議(国幹会議)において、民営化後の新会社による道路整備を補完する手法として、地方にも費用負担させる直轄事業の方式が導入された。この場合、償還が不要なため当然無料の道路となる。これが新直轄方式である。この方式を採用して建設が行われる区間を新直轄区間という。

この第1回国幹会議では、整備計画まで決定している区間のうち27区間699kmが新直轄方式に変更されることが決まった。これを受け、2003年5月12日に改正高速自動車国道法等が施行。上記の場合、国がその4分の3以上で政令で定める割合を、残りを都道府県や指定都市が費用負担するものと改正された。実際には、都道府県等の負担分については地方交付税措置の重点配分(県の負担分の9割を地方債で充当し、その元利償還金について地方交付税措置を行う)や高速道路の後進地域に対する補助等によりある程度まで抑えられる見通しとなっている。

なお、新直轄方式の「新」とは従来の直轄方式である「高速自動車国道に並行する一般国道自動車専用道路(A'路線)(国と県の建設費負担は2対1)」に対するものである。

国内第1号の新直轄方式は、道東自動車道の釧路線である。当初この路線は、従来方式での建設で計画されていたが、近隣市町が応分の費用を積極的に負担し完成を急ぐ必要があるという自発的な住民運動によって積極的に新直轄方式に変更した。2007年9月には日本海沿岸東北自動車道の本荘IC〜岩城ICが新直轄方式としては初めて開通した。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

SponsoredLink

ハイウェイ ナビの高速自動車国道のリンクについて

ハイウェイ ナビの高速自動車国道のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。宜しければ以下のタグをご使用下さい。
<<[前]高速道路催眠現象
>>[次]阪神高速道路
ハイウェイ ナビのTOPへ
"高速自動車国道"のTOPへジャンプ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。